FC2ブログ
利用者さん全員が『亀』を持って帰れるように、
日々、せっせと、デイルームで亀作りが行われています。

亀作り1

できることは利用者さんにやっていただきます。
自分で作ると、その分ご利益が大きいかと思います(’-’*) フフッ・・

亀作り2

亀作り3
「けっこう力が要るなぁ」

亀作り4
「しっかり縛ってくださいよ」

細いタコ糸を指先でギューッと縛るのって、
いい機能訓練になりますね(*^m^*) ムフッ

亀作り5
「ええのができたなぁ」
亀作り6
「しっぽにお米をいっぱいつけたわ」
ご主人がくださった稲穂で作ったんですから、
来年の家庭菜園の豊作を祈って、ご自宅に飾ってくださいね(*´▽`*) プッ


さて、ここで問題です!
Q:こちらの利用者さんは、何をしているんでしょうか? もみすり1


A:正解は・・・

もみすり2
『籾すり』
もみすり5

亀は主に稲わらの部分で作るので、穂先についたお米がたくさん残ります。
どうやらもち米らしいのですが、
ぜひ、食べられるようにしたい♪

ということで、まずはもみ殻を取らなければ…。

原始的かつ簡単な方法はないものか―とインターネットで調べたら、
…あるものですねぇ(⌒_⌒) ニコリ
野球のボールとすり鉢で、簡単にもみ殻を取り除くことができます。

もみすり3
↑こ~んなにたくさんあるので、
少しずつすり鉢に入れて、ボールでゴリゴリやってもらっています。
もみすり4
玄米状態のものあり、精米状態のものあり、
丸い野球のボールを握ってゴリゴリするだけで、
みるみるうちに分離していきます。
「簡単ね♪」
「面白いわ~♪~(^ε^( )」

根を詰めると疲れてしまうので、
交代しながらぼちぼちやっていきましょうね。
亀作りの、思わぬ副産物

新たな楽しみを見つけちゃいましたo(*^▽^*)o~♪
スポンサーサイト



2010.11.22 / Top↑