FC2ブログ
今日の手芸倶楽部では、
めがねケースみほん
↑これ。
メガネ入れを作られました。

段ボール紙と端切れを使っています。

めがねケース1
シワにならないようにきれいに貼るのは、結構難しいみたいです。
皆さん、悪戦苦闘 (’-’*) フフッ・・
めがねケース2
慎重に…慎重に…
「ええようにいかんわぁ(>_<)

めがねケース3
10時過ぎから作り始めて、昼食後間もなく完成

めがねケース4

めがねケース5 めがねケース6
実用的なものが作れましたね。
早速今日から使ってくださいね♪ (* ̄ー ̄)v


今日もを作りました。
1つの亀を作るには、32本の稲わらが必要です。

亀作り1
テーブルの上に並べて、肝心の甲羅部分を作ります。
亀作り5
「上、下、上、下…」と、みんなでかけ声をかけながら組んでいきます。
亀作り6
隙間が見えなくなるまで縦横の稲わらを寄せます。
稲わらが浮かないようにしておくことが大事
亀の足になるところを、タコ糸でしっかり縛ります。
この時、力いっぱい縛っておかないと、
後々、稲わらが枯れて痩せた時に、タコ糸が緩んで、
稲わらがバラバラになってしまいます。

甲羅のまわりを形作る、わらの三つ編みを作ります。
亀作り3
今年は、赤、金、銀の水引を混ぜて編んでいます。
昨年までの亀と比べて、ゴージャスです。

亀作り4
切り離した稲穂を束ねて、亀のしっぽを作ります。
ここにも、赤、金、銀の水引を混ぜています。

あとは、先日作ってもらった細い縄を頭にして、
組み合わせていきます。
亀作り8


亀作り9
今日は5つ出来上がりました。

身体のあちこちが痛かったYOさんが、
「今朝ここへ来た時には、痛うていけんかったのに、
亀を作り始めてから、どんどん痛みが薄れていって、
出来上がった時には、すっかり楽になっとったわ(*´∇`*)

「亀のおかげよなぁ?」と。

はい!( ^-^ )そのとおり


いろいろなものを作っている過程が、ちゃんと機能訓練になっています。
亀作りでは、指先に長い時間、力を入れ続けていないといけませんが、
指先は、利用者さんたちが苦手とする部位。
それでも、皆さん、一生懸命取り組まれています。
頑張って完成させた亀を、ご自宅に持って帰られます。
来年まで飾っていてください。
そして、一年後にまた、次の亀を作りましょうね(*^^*) フフ



デイサービス春風空き状況


    10月7日現在、空きはありません。


ご見学・ご相談は、空き状況に関わらずお受けしております。
まずはお電話ください。




ブログランキングに参加しています
↓この『通所介護』のバナーを1日1クリックお願いしま~す(p・・q)
にほんブログ村 介護ブログ 通所介護・デイサービスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2011.10.07 / Top↑